SYVPソーシャルマーケティング研究会

 

1年間のSYVPの研究成果を社会に還元するため、毎年2月にソーシャルマーケティング研究会を行っております。

​第10回研究会は、2020年2月22日(土)に多くの方のご支援のもと、無事終了いたしました。

コメンテーターの先生方、ご来場くださった方々、いつも温かく応援してくださっている方々、誠にありがとうございました。
以下、第10回(2019年の研究成果)、ひきつづき第8回(2018年の研究成果)研究会のフィードバックを致します。

SYVPソーシャルマーケティング研究会 フィードバック

 

No.1 SYVP2019年度の年間戦略

第10回研究会

<内容の概要>

今年度の活動を始めるにあたり、のShare Your Value Project(以下SYVP)がミッションに掲げる「意思表示が当たり前の社会」を実現するために2019年度の活動の戦略を策定しました。

昨年度までの活動を振り返り、今年度は、「意思表示を促進する有効なモデルの確立」と、実際に「社会に発信し還元する」ことを全体戦略として掲げ活動を行いました。

1つめの「意思表示を促進する有効なモデルの確立」は、①昨年度に引き続き年代別アプローチ手法の開発、②文理融合し、より幅広い層に意思表示行動を波及させるために、科学リテラシーを向上させる新しい介入方法開発、③身近な大学生の無関心層に向けた意思表示促進モデルの構築、の3つを行いました。

2つめの「社会に発信し還元する」においては、これまで支援者を獲得し、社会からの信頼度が高い組織を目指してきたものの、研究に止まり、実証に至りませんでした。そこで、今年度はともに活動する支援者活動を目指しました。

これらの戦略のゴールとして「貢献しやすい身近な社会課題という認識を持たせ、家族や身の回りの人と臓器提供意思表示について気軽に話し合える社会」をゴールとして掲げました。

これから各活動での研究内容について、具体的に発信していきたいと思いますので、どうぞお楽しみに!
 

1/36

Please reload

Copyright(C) 2014-2020 Yoko Uryuhara All Rights Reserved.

  • 瓜生原葉子
  • Share Your Value Project
  • SYVP
  • SYVP
  • MUSUBU2019