​Seminar

 社会的価値を生み出し広める『ソーシャルイノベーションゼミ』

世の中をより良い社会にしたいと思ったことはありませんか?

『ソーシャルイノベーション』とは、社会の様々な問題を解決し、持続可能なより良い社会にしようと取り組む新しい考え方や方法のことです。

その実現に向けて、まず、ある特定分野の高い専門性、全体を俯瞰してその専門性を別の分野で生かせる力、多様な分野を結び付け新しい分野を創成する学融合力が不可欠です。次に、解決方法を知る必要があります。方法は多様ですが、本ゼミでは、新しい価値を創造し普及させ、社会に望ましい行動への変容を促進する「ソーシャルマーケティング」を学びます。

商学部の学びを活かした社会貢献をしたい!社会問題の解決に役立つ研究をしたい!マネジメント力とリーダーシップを身につけたい!と志す学生のニーズに応える独創的な場を提供しています。

学生の情熱と多様な価値観を大切にし,彼(女)らに幅広いチャレンジの機会を提供し,ゼミでの学びが人生の糧となるよう真摯に向き合い,共に成長したいと願っています。 

【ゼミの魅力】

① 体系的な人材育成プログラム

2年半の体系的プログラムで「独自の専門性と幅広い教養を身につけ,多様な分野を結び付けることで,新たな価値を生み出し,価値を社会に広める人財」を育成します。

② 多彩な専門分野の知に触れる

2年次『超える』シリーズでは,分子生物学,社会工学,救命救急,法律,行政などの専門家をお招きし,講義を聴き,討議を行います。多様な視点で現象を理解し,異分野の情報を咀嚼し,自身の専門性との融合を試みる力がつきます。

③ ソーシャルマーケティングの実践で社会に直接貢献する

3年次は,ソーシャルマーケティングを実践する場が用意されています。海外の標準教科書で学んだ理論をサブゼミで実践します。理論とエビデンスに基づいたプランを策定し,社会に粘り強く働きかけ,人々を望ましい行動へと促すことを試みます。同時に,その効果を測定・検証し,さらなる課題を発見し,解決策を考えるプロセスを繰り返すことにより,社会に直接貢献します。

④ 社会で本当に役立つ力が身に着く

ゼミは,組織マネジメントを実践する機会です。理念を共有し,組織,チーム,個人の目標を策定し,それに沿った活動,育成まで首尾一貫して行います。リーダーシップ,マネジメント力などが鍛えられ,大きく成長できます。また,上場企業の97%が重視している「社会人基礎力」の育成に力を入れています。③の実践を通して主体性,実行力,創造力,課題発見力,チームワークが身につき,自信と誇りを持って社会で活躍する礎を築きます。

⑤ 「ここだけ」の経験で,大きく成長できる!

  • 査読付き雑誌に論文が掲載された!

  • 伝統ある国際学会,国内学会で研究報告をした!

  • ノーベル賞受賞者の前でプレゼンし,高評価をいただいた!

  • 厚生労働省主催の国民大会の企画・運営を任され,新しい視点と質の高い遂行力で大好評!

  • 毎月,自治体,医療機関,市民団体と一緒に会議を行い,イベント実施やリーフレット作成で京都府民に貢献!

  • 全員が一つになって,授業を受けた人数の「ギネス世界記録®」達成!

  • 社会人基礎力グランプリ,SPSS datathonに出場し,毎年入賞!

  • 科学コミュニケーションツールを開発し,「サイエンスアゴラ」(科学と社会をつなぐ理系の場)で毎年出展!

【ゼミ卒業生からのメッセージ】

◆瓜生原ゼミでは,「マーケティングの力で社会問題を解決する」ことをテーマとしています。マーケティングと言うと商品開発のイメージが強いですが,人々の行動を変え,問題を解決するためにもマーケティングの手法は活用できるのです。3回生時にはその実践プロジェクトに参加し,人々の様々な思いや感情を調査・分析してパターン分けし,それぞれの段階に応じて最も効果的な訴求方法を考え,実行しています。一人一人が各活動のリーダーとなるため,責任感もありますが,自らがチームにどのように貢献することができるのか,どのように周りの人を巻き込むかということを主体的に考えられるようになりました。瓜生原ゼミは頑張れば頑張った分だけ成長できるゼミです。メンバーも個性的で協力的なので,みんなで助け合い高め合っています。みなさんも瓜生原ゼミで自分を変えてみませんか?(2 期生・吉村)

◆自分の頑張り次第で大きく成長できる場所が瓜生原ゼミだと思います。(2 期生・奥川)

◆「学生時代に一つは本気で取り組みたい」,「成長したい」,「社会課題を解決したい」そんな人には最高のゼミだと断言できます。(2 期生・浅田)

◆「自分を変えよう,社会を変えよう」 (2 期生・松下)

Copyright(C) 2014-2019 Yoko Uryuhara All Rights Reserved.

  • 瓜生原葉子
  • Share Your Value Project
  • SYVP
  • SYVP
  • MUSUBU2018